年の途中で土地や家屋の売買をした場合、誰が固定資産税を納付しけなければならないのですか?

 土地と家屋の固定資産税は毎年1月1日に登記簿に登記されている所有者に課税されます。
 年の途中で土地や家屋を売却しても、その年度の固定資産税は1月1日時点の所有者に全額課税され、その方に納税する義務があります。

 
お問い合わせ

安平町役場 税務住民課 税務グループ
〒059-1595 北海道勇払郡安平町早来大町95番地
TEL : 0145-22-2513 / FAX : 0145-22-3883
e-mail:shisanzei@town.abira.lg.jp