オープンデータの取り組みについて

オープンデータとは

 国、地方公共団体及び事業者が保有する官民データのうち、国民誰もがインターネット等を通じて容易に利用(加工、編集、再配布等)できるよう、次のいずれの項目にも該当する形で公開されたデータをオープンデータと定義されています。
 ・営利目的、非営利目的を問わず二次利用可能なルールが適用されたもの
 ・機械判読に適したもの
 ・無償で利用できるもの

オープンデータの意義

 ・国民参加・官民協働の推進を通じた諸課題の解決、経済活性化
 ・行政の高度化・効率化
 ・透明性・信頼の向上

 

安平町オープンデータについて

 安平町が公開するオープンデータは「北海道オープンデータポータル」サイトに掲載しています。利用規約とオープンデータは以下ページをご覧ください。
 「北海道オープンデータポータル」サイトとは、北海道電子自治体共同運営協議会に参加している、北海道と道内の市町村(一部を除く)のデータの利活用環境の整備を目的としたポータルサイトです。同サイトでは、オープンデータの検索・閲覧ができるオープンデータカタログサイトを提供しています。
 

利用規約

 利用規約はこちら(クリック後、「北海道オープンデータポータル」に移動します)
 

オープンデータ

 オープンデータはこちら(クリック後、「北海道オープンデータポータル」に移動します)