第2次 安平町総合計画 2017-2026

安平町総合計画(第1次)の検証

 安平町総合計画(第1次)では、まちづくりの将来像を「くらしの笑顔が広がる ぬくもりと活力と躍動のまち」とし、一体感の醸成と持続的発展を目指して政策・施策・事務事業に取り組んできました。
 前期基本計画と後期基本計画に掲げた施策に対する事業の実施状況は、前期基本計画では約86%、後期基本計画にあっては約89%と非常に高い事業実施状況となっており、まちづくりが全体として順調に進められてきたと評価できます。
 しかし、その一方で、最重要課題とした人口減少対策では、最終年度の目標人口を住民基本台帳ベースで9,100人と設定しましたが、現実には平成28年3月末の人口で8,361人と、約740人下回るという厳しい結果となりました。


<基本構想の各分野別検証>

第1章 生活重視のまちづくり 第1節 魅力あふれるまちづくり
第2節 安心を大切にするまちづくり
掲載事業の事業実施状況
前期基本計画88% 後期基本計画90%
第2章 恵まれた立地条件を活かしたまちづくり 第1節 元気あふれるまちづくり
第2節 良質な住宅の確保
掲載事業の事業実施状況
前期基本計画90% 後期基本計画89%
第3章 豊かなこころを育む学びのまちづくり  第1節 一人ひとりの個性や可能性を伸ばすまちづくり
第2節 生きがいのあるまちづくり掲載事業の事業実施状況
掲載事業の事業実施状況
前期基本計画82% 後期基本計画88%
第4章 住民と行政との協働によるまちづくり 第1節 信頼されるまちづくり
第2節 効率的・効果的な行財政のしくみづくり
掲載事業の事業実施状況
前期基本計画78% 後期基本計画88%

<留意点>
 安平町総合計画(第1次)においては、数値目標等の設定を行っていないため、掲載事業の実施状況(実施率)で検証しているが、本来は、目標に対する達成度で検証を行う必要がある。
 第2次安平町総合計画においては、政策ごとに達成すべき成果目標を明確にし、社会環境の変化を見極めながら、その達成状況と各種行政委員などからの意見を踏まえ、PDCAサイクルにより必要とする施策・事務事業の形成と実践を目指し、計画全体の評価を行う。