人権に関する相談のお知らせ

 新型コロナウイルス感染症に関連して、感染した方々やご家族、治療にあたった医療関係者の方々等に対する不当な差別、偏見、いじめ、誹謗中傷、また、営業を続ける店舗やほかの地域から来た車両に対する嫌がらせ行為などあってはなりません。
 不確かな情報に惑わされて、人権侵害につながることのないよう、国や自治体が提供している正しい情報に基づき、冷静な行動をお願い致します。

感染した方々等にに対する不当な差別、嫌がらせ(道への相談事例)
・罵声を浴びせられた。
・嫌がらせのメールを送り付けられた。
・子どもの通園や通学を拒まれた。
・タクシーの乗車を拒否された。
行動等自粛要請への対応に関連する嫌がらせ(報道事例)
◇居住地以外のナンバー車輛に係る事例
 ・傷をつけるなどの破損行為。
 ・あおり運転
 ・「出ていけ」などの紙を貼る。
 ・他県ナンバーの車を写真撮影し、SNS上で公開する。

◇営業している店舗に係る事例
 ・「自粛してください」などの紙を貼る。
 ・頻繁な苦情電話をかける。
 ・休業要請に応じていないとSNS上などで指摘する。

◇地域における事例
 ・「昼間に子どもの声がうるさい」と警察に通報する。
 ・「自粛中なのに遊んでいる」と警察に通報する。

人権に関する相談窓口

法務局(支局を含む)において人権相談をされる方へ
 新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、来庁される方々への感染拡大防止のため、法務局(支局を含む)では、当分の間、できる限り電話又はインターネットによる相談をお願いしていますので、「みんなの人権110番 0570-003-110」又は「インターネット人権相談窓口 https://www.jinken.go.jp/」を御利用ください。

(国) みんなの人権110番 0570-003-110
(道) 配偶者暴力(DV)相談窓口 011-666-9955
児童虐待に関する相談窓口
 全国児童相談所共通ダイヤル
189(通話料無料)
消費生活相談窓口 050-7505-0999
人権に関する相談窓口