妊娠したら・出産したら

 赤ちゃんが誕生し、新しい生命がこの世に生まれるとき。はじめての子育てに、お母さんはよろこびと不安が入り混じっていることでしょう。ここでは大まかな目安をあげています。子どもの発育のスピードはさまざまですから、おおらかな心でゆったりと見守ってあげましょう。また、乳幼児健診を受け、子どもの健康状態をよく知っておくことが大切です。

赤ちゃんの様子 始まること 町のおもな保健事業
妊娠期 妊婦健診 妊娠届・母子健康手帳の交付
妊婦健診受診券交付
誕生~1か月 新生児訪問 出生時面接
妊婦交通費助成(1か月)
2~3か月 見て笑いかける
声を出して笑う
法定の予防接種
町の乳児健診
予防接種(5歳まで続く)
乳児健診・乳児健康相談
4か月 見たものを目で追う
首がすわる
7~8か月 寝返りをする
物を掴もうとする
お座り(一人座り)をする
人見知りしだす
乳児健診
12か月 つかまり立ちからつたい歩きへ フッ化物塗布 乳児健診・フッ化物塗布
13か月 ひとり歩き
1歳6か月 自我がめばえ、ことばが出る 1歳6か月児健診
3歳 生活習慣が身につく
コミュニケーションがとれる
3歳児健診
5歳 はさみや鉛筆を上手に使える
ルールのある遊びができる
集団行動ができる
5歳児健診

 子どもの成長の早さはみんな違うものです。あせらずにわが子の成長を見守り家族みんなで協力しあって子育てしましょう。