協働事業・支援制度

  安平町にあった「まちづくり」を進めていくために、自治会・町内会・NPO 法人・各種活動団体や町民皆さんと行政が一体となって取り組むための協働事業や支援援制度を創設しています。
  これにより、自主的な活動の促進や地域コミュニティの活性化を目指しています。

地域サポート制度

  安平町では、町民参画による「協働と連携」のまちづくりを進めるため、町の執行機関としての役割とともに町職員が町民の立場に立ち、日常の地域生活の中において、地域を支えるサポーターに徹しながら、町行政と地域とをつなぐパイプ役を担いながら、連絡調整・地域課題解決・協働活動を中心に地域をサポートする「地域サポート制度」に取り組んでいます。 

あびら まちづくりファンド

  安平町では、町民が自主的に取り組むまちづくり活動を応援する資金として、「あびら まちづくりファンド」を創設しています。
  このファンドは、町や民間法人からの拠出金を原資として、町民が主体となって行う様々なまちづくり活動に対する助成事業の財源となるものです。 
  また、町民・町外在住者・企業等からいただく安平町に対するご寄附も合わせてこのファンドに積み立てられ、まちづくり活動に対する助成事業の運用資金として活用される仕組みとなっています。 
※まちづくりファンドは、ふるさと納税やまちづくり事業支援交付金と一体的な取り組みになっています。

ふるさと納税

  皆さんからのご寄附(ふるさと納税)が、安平町のまちづくりを支える一助(まちづくりファンド)になります。
  ご寄附(ふるさと納税)は、各目的(福祉・教育・施設・環境等)に応じて選択できます。

まちづくり事業支援交付金

  安平町まちづくり基本条例では、町の責務として町内団体活動を積極的にサポートすることが定められています。
  安平町では、町内の各団体等が行う事業や活動に対する事業支援、活動団体の NPO 法人化の支援、さらにはハード事業への支援など、まちづくりファンドを原資として、町から交付金を交付するまちづくり事業支援交付金制度を創設しています。