第2次 安平町男女共同参画基本計画

 男女共同参画社会とは、男女が互いに人権を尊重し合い、性別的差別を受けることなく、その個性と能力を十分に発揮できる社会を言います。この男女共同参画社会の実現に向け、国では「男女共同参画社会基本法」を制定し、この基本法を基に「男女共同参画基本計画」が策定され、さまざまな取り組みが行われてきました。
 しかし、意識や社会慣習の上で男女の固定的な役割分担に関する考え方が根強く残っており、就労や政策決定の場、さらに家庭内においても男女平等が完全に実現しているとは言えず、その個性や能力を十分に発揮するには多くの課題が残されているのが現状です。
 男女共同参画社会の実現を図るためには、多種多様な職業の選択ができ、そして介護や育児、社会参加活動などと仕事の両立が可能となる総合的な支援策を推進するとともに、職場、地域社会、家庭内において対等な人間関係の構築が必要です。
 安平町においても平成23年11月に基本理念や施策などを定めた「安平町男女共同参画基本計画」を策定し、性別に関係なく社会参画できるまちづくりの推進や、地域で支え合い安心して生活できるまちづくりなどの男女共同参画施策を総合的に推進してきました。
 この間、平成27年9月には女性の職業生活における活躍の推進に関する法律が施行され、仕事と家庭の両立に向けた環境整備など、職業生活における女性の活躍の推進によって、豊かで活力ある社会の実現を図ることとされました。
 このような現状を踏まえ、これまで培ってきた男女共同参画の視点をしっかりと継承し、地域社会全体で男女共同参画社会の実現に向けた取組を推進するため、「第2次安平町男女共同参画基本計画」を策定するものです。

お問い合わせ

地域推進課 地域推進グループ
TEL : 0145-29-7083