助成制度で空家の利用を支援します!

 安平町内の空家の利活用による移住・定住を促進し、人口減少の抑制と地域の活性化を図るため、空家住宅の取得、改修及び家賃に対する助成制度を設けました。
 制度によって提出書類等が異なります。必ず事前に税務住民課住民生活グループまでご相談ください。

助成対象となる空家条件

 3年以上居住その他の使用がなされていないことが常態である一戸建て専用住宅
 かつ、安平町が運営する移住定住支援サイトに掲載された住宅

空家住宅購入費助成金

 対象:令和3年9月1日以降に空家の売買契約を締結、5年以上定住の意思のある方

助成対象となる費用 助成率 助成限度額
空家の購入費用
※空家の購入費に伴う諸経費(手数料、登記費用等)は助成の対象とはなりません。
購入費用の2分の1 100万円

空家賃貸リフォーム助成金

 対象:安平町内に空家を所有する者(町内外問わず)

助成対象となる費用 助成率 助成限度額
所有者が賃貸するために空家をリフォーム工事した費用
・設備(浴室、便所等)の改修・バリアフリー改修・断熱・省エネ改修工事
10万円以上の改修工事費に対して2分の1 50万円
(但し、町外建設業者による工事施工の場合は、40万円を限度額とします)

空家居住家賃助成金

 対象:空家の借主で18歳未満の子どもが2人以上いる世帯
    令和3年9月1日以降に空家住宅を賃借し、2年超えて居住予定の者

助成対象となる費用 助成率 助成限度額
空家を借りる家賃
(※家賃:住宅の賃貸借住宅に定められた賃借料から管理費、共益費、駐車場使用料等を減じた額を言います)
月額2万円を超える家賃の2分の1 (月額)2万円
最長24月間
この情報に関するお問合せ先

税務住民課 住民生活グループ
電話番号 0145-22-2940