【新型コロナウイルス感染症】集中対策期間〈国内で緊急事態宣言が発令されている間〉

 国内で緊急事態宣言が発令されている間は、北海道においてもこれまでの対策を継続しますので、
もう一段、感染を徹底して抑え込むため、引き続き皆様ひとりひとりのご協力をお願いいたします。
 
 集中対策期間:国内で緊急事態宣言が発令されている間

 ■ 緊急事態宣言の対象地域との不要不急の往来は控えてください
 ■ 感染リスクを回避できない場合
  ・ 外出自粛など行動制限が要請されている地域との不要不急の往来は控えてください。
 ■ 感染リスクを回避する行動の徹底
  ・ できる限り同居していない方との飲食は控えてください。
  ・ 「新北海道スタイル」の実践を宣言していない店舗や施設の利用は控えてください。
  ・ 重症化リスクの高い方(高齢者、基礎疾患を有する方等)と接する方及び重症化リスクの高い方は、
    マスクの着用、手洗いなど感染リスクを回避する行動を更に徹底してください。
  ・ 発熱や咳があるなど、体調が悪い場合は外出を控えてください。
  ・ 国の接触アプリ(COCOA)や道のコロナ通知システムを徹底して活用してください。
 ※ 感染リスクを回避できない場合の例
   新北海道スタイルを実践していない施設等の利用、密閉された屋内において人との距離が
   十分に保たれない長時間の会合、飲食の場面(同居者のみの場合を除く)においては、
   大人数、例えば5人以上の集まり、マスクをしない大声での会話、2時間を超えるような長時間の飲食など
 ※ 体調が悪い場合の例
   発熱や倦怠感、咳、のどの痛み、味覚・嗅覚の異常、筋肉関節の痛み、吐き気がある場合など
 
 医療機関を受診されるときは事前に相談を

 ① かかりつけの医療機関にお電話を!
 ② かかりつけの医療機関がない方は、北海道新型コロナウイルス感染症健康相談センター
   「0800-222-0018」(24時間・フリーコール)にお電話を!

20210215

感染リスクが高まる5つの場面

胆振管内の皆様へのお願い

新型コロナ健康相談センター