新型コロナウイルス肺炎に関する注意喚起について


 新型コロナウイルス肺炎の患者が道内でも増加してきています。 
 町民の皆様におかれましても、以下の内容に十分ご留意くださるようお願いいたします。
 
 ○ 飛沫感染(くしゃみ、せき、つばなどから感染)や接触感染(感染者の触れた物から感染)により
   うつるといわれているため、咳エチケットや手洗い・うがい等の徹底をお願いいたします。
   ⇒新型コロナウイルスを防ぐには
   ⇒正しい手の洗い方 

 〇 集団感染を防ぐために、換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に
   集団で集まることを避けてください。
   ⇒集団感染を防ぐために

 〇 発熱等の風邪の症状が見られるときは、学校や会社を休んでいただき、外出は控えてください。

 ○ 風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続いて、強いだるさや息苦しさがある時
   (高齢の方や基礎疾患のある方は2日以上続く時)は下記「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。
新型コロナウイルス感染症の感染が疑われる方(帰国者・接触者相談センター)
 苫小牧保健所  0144-34-4168  (平日)午前8時45分~午後5時30分
 北海道地域保健課   011-204-5020   24時間

 〇 ご家族の感染が疑われる場合は、部屋を分ける、定期的に換気をする、手で触れる共有部分を消毒する、
   ゴミは密閉して捨てるなど、他のご家族の方に感染しないよう、対策をお願いします。
   ⇒ご家族の感染が疑われる場合

 〇 なお、当該疾患に関して不安なことや相談がある場合は、次の連絡先にご相談ください。
新型コロナウイルスに関する一般相談 
 厚生労働省  0120-565-653

 (フリーダイヤル)
 午前9時~午後9時(土日祝も対応)
 苫小牧保健所  0144-34-4168  (平日)午前8時45分~午後5時30分 
 北海道地域保健課   011-204-5020   24時間

 新型コロナウイルスに関連した肺炎についての関連情報については下記URLからご覧ください。
 (リンク先 北海道公式ホームページ)
 厚生労働省や国立感染症研究所ホームページの新型コロナウイルスに関連した情報を閲覧が可能です。