「北海道胆振東部地震 安平町生活復興調査」へご回答をお願いします【7月26日追記

===
【7月26日追記】お詫びと訂正
 本調査について、多くのご理解とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。回答期限は8月10日となっております。回答されていない方におかれましてはご協力よろしくお願いします。
 本調査における設問中、以下のとおり誤記がございました。お詫びして訂正いたします。

 問8.被災地の人たちがどのように復旧・復興するかは、ほとんど(以下、省略)

 誤)7 1年後(令和2年9月)頃まで
 正)7 1年後(令和元年9月)頃まで

 誤)8 2年後(令和3年9月)頃まで
 正)8 2年後(令和2年9月)頃まで
===
 
 町では令和3年度事業として、「胆振東部地震検証業務」を実施しています。発災当初からから復旧・復興までに至るまで、行政が実施してきた対応等が適切であったのか、現在においても残された課題はあるのかを検証するとともに、今後のまちづくりに生かしていくために実施するものです。
 このような状況から、今後の災害対策や復興対策に皆様の貴重なご体験を活かすため、新潟大学、富山大学、兵庫県立大学と共同で「北海道胆振東部地震 安平町生活復興調査」を実施することといたしました。
 皆様に郵送で調査票を送付いたしますので、ご協力をお願いします。

【回答期限:令和3年8月10日(火)】
お問い合わせ
連絡先: 0145-22-2511