【新型コロナウイルス感染症】冬期間における感染拡大防止に向けて

 寒い日が続き、屋内における活動も増える中、国内でのオミクロン株の感染の広がりも踏まえ、
道内の感染拡大を回避するために、基本的な感染防止行動を実践しましょう。
 
 基本的な行動:三つの密(密閉・密集・密接)の回避、人と人との距離の確保、マスクの着用、手指消毒、換気

 ① 特に外出の際は
  ・混雑している場所はできるだけ避けましょう。
  ・普段会わない方と会う際は、より一層感染防止行動を実践しましょう。
  ・まん延防止等重点措置の対象県への不要不急の移動は極力控えましょう。

 ② 特に飲食の際は
  ・新年会などの際は、北海道飲食店感染防止対策認証店など、感染防止を徹底している飲食店等を選び、
   短時間で、深酒をせず、大声を出さず、会話の時はマスクを着用するなど、感染リスクを回避しましょう。
  ・特に、大人数や普段会わない方との飲食の際は、より一層注意しましょう。
 
 医療機関を受診されるときは事前に相談を

 ① かかりつけの医療機関にお電話を!
 ② かかりつけの医療機関がない方は、北海道新型コロナウイルス感染症健康相談センター
   「0120-501-507」(24時間・フリーコール)にお電話を!
 
 新型コロナウイルスなどの感染症対策としてのご家庭でのマスク等の捨て方

 新型コロナウイルスなどの感染症に感染した方やその疑いのある方などがご家庭にいらっしゃる場合、
鼻水等が付着したマスクやティッシュ等のごみを捨てる際は、
「ごみに直接触れない」「ごみ袋はしっかりしばって封をする」そして「ごみを捨てた後は手を洗う」ことを心がけましょう。

040107-1

040107-2

040107-3

040107-4

040107-4

040107-5

相談センター

ごみの捨て方