特別定額給付金の申請はお済みですか?

令和2年5月27日更新

 特別定額給付金の申請が始まっていますので、
まだ申請されていない方は手続きをお願いいたします。
 ⇒記入例

 なお、5月21日(木)までに審査が完了した分については、
28日(木)に指定の口座へ振り込まれますのでご確認ください。
※口座への入金により支給額の決定とさせていただきます(決定通知書は送付しません)。
 振込予定日から2~3日経過しても入金がない場合はお問合せください。

◆28日支給分:2,914世帯/4,052世帯(71.9%)

※次回は、28日までに審査が完了した分を6月4日(木)に振り込みいたします。
 

特別定額給付金とは?

 緊急事態宣言の下、人々が連帯して一致団結し、見えざる敵との闘いという国難を克服しなければならないという状況の下、医療現場をはじめとして全国各地のあらゆる現場で取り組んでおられる方々への敬意と感謝の気持ちを持ち、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うものです。
 ⇒特別定額給付金チラシ

給付対象者は?

 基準日(令和2年4月27日)に、安平町の住民基本台帳に記録されている方が対象です。
※基準日以前に住民票を消除されていた方で、基準日において日本国内で生活していたが、いずれの市区町村の住民基本台帳にも記録されておらず、かつ、基準日の翌日以後初めて市区町村の住民基本台帳に記録されることとなった方を含みます。
※外国人のうち、短期滞在者及び不法滞在者は、住民基本台帳に記録されていないため対象外です。

給付額は?

 給付対象者1人につき10万円(支給は1回のみ)です。
 給付対象者が属する世帯の世帯主名義の口座へ振り込みます。

申請期限は?

 申請書が届いてから8月31日までの期間で申請を受付けます。
※安平町では、5月12到着予定で特別定額給付金の申請書を郵送します。該当すると思われる方で、申請書が届いていない方や該当するかどうか確認したい方は、役場健康福祉課へお問い合わせください。

支給時期は?

 申請受付後、5月28日から順次指定の口座へ振込開始します。

申請方法は?

 安平町から郵送される申請書へ必要事項を記入・押印してください。申請書に本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、各種保険証、年金手帳など)の写し、支給先となる世帯主名義の口座がわかるもの(通帳、キャッシュカードなど)の写しを添付し、安平町健康福祉課へ提出してください。
※感染拡大防止のため、申請書に同封している返信用封筒にて郵送提出いただきますよう、ご協力をお願いいたします。

DV等を理由に避難している方へ

 DV等を理由に避難している方が特別定額給付金の給付金を受けるにあたり、事情によって現在住んでいる安平町に住民票を移すことができない方は、下記①~③のいずれかの要件にあてはまる場合、配偶者からの暴力を理由に避難している旨の申出書を提出して特別給付金の申請を行うことで、同伴者も含めた給付金を受け取ることができます。
【安平町に住民票を移さず、特別給付金の申請を行うことができる要件】
 ①配偶者暴力防止法に基づく保護命令を受けている。
 ②婦人相談所の証明書などが発行されている。
 ③住民基本台帳の閲覧制限が「支援措置」対象となっている。
 ⇒配偶者からの暴力を理由に避難している旨の申出書

ご注意

◆ 申請時期や支給時期は、各市町村によって異なります。
◆ この給付金に関して、給付を装った「振り込め詐欺」や「個人情報詐欺」にご注意ください。
◆ 安平町や総務省などが、ATM(銀行・コンビニなどの現金自動支払機)の操作をお願いすることは、絶対にありません。
◆ 安平町や総務省などが、住民の皆様の世帯構成や生年月日等の個人情報を照会すること
は絶対にありません。

お問い合わせ
連絡先: 安平町健康福祉課福祉グループ  0145-29-7071
メールでのお問い合わせはこちら