予防接種を受けましょう!

 2か月を過ぎたらいろいろな予防接種を受けることができます。予防接種をすませて病気に対する抵抗力をつけておきましょう。

 
対象者
2か月~就学前の幼児
(就学後に接種するワクチンもあります。それらは町から個別にお知らせします)
 
事業内容
 以下に記載している予防接種法に定められたワクチンを、規定の年齢で接種していただくと町内の医療機関にて無料で接種できます。接種するワクチンはたくさんありますから、スケジュールを立てて遅れないように接種するようにしましょう。なお、体調が悪いときは接種を見合わせる場合があります。
[町内の医療機関]
追分菊池病院
(電話 0145-25-2531)
渡邉医院
(電話 0145-22-2250)
早来医院
(電話 0145-22-3800)
※早来医院は日本脳炎と子宮頸がん予防ワクチンのみ対応
 
実施方法
保健師の新生児訪問で予防接種の予診票を差し上げています。接種の際には病院に直接連絡をとり、母子健康手帳と予診票を持参して病院で接種を受けましょう。
なお、次のページの一覧表に載っていない予防接種は全額自己負担で行う任意の予防接種になります。ご希望の方は直接病院へご連絡ください。
妊娠・出産27
 

町が行う予防接種一覧

定期の予防接種
ワクチン種類 対象者(接種の望ましい時期) 実施場所
BCGワクチン 生後12か月の前日まで(生後5か月から8か月まで) 町内委託
医療機関
4種混合 1期初回 生後3か月から12か月まで
1期追加 生後90か月までで、初回終了後12か月~18か月
2種混合 11歳以上13歳未満(町は小学6年生に個別通知しています。)
麻しん・風しん 1期 生後12か月から24か月でできるだけ早期
2期 就学前1年間
ヒブワクチン 生後2か月~4歳(1回目は2か月から接種することが望ましい)
【接種開始時期】
①生後2か月~7か月未満の児  計4回接種
②生後7か月~12か月未満の児 計3回接種
③12か月以上の児        1回接種
小児用肺炎球菌ワクチン 生後2か月~4歳までの乳幼児
(2か月から1回目の接種することが望ましい)
【接種開始時期】
①生後2か月~7か月未満の児  計4回接種
②生後7か月~12か月未満の児 計3回接種
③12か月以上24か月未満の児  計2回接種
④24か月以上の児        1回接種
水痘ワクチン 1歳から2歳まで
日本脳炎ワクチン 1期初回 3歳の間
1期追加 4歳の間
2期   9歳から12歳の間
(※平成28年度に制度改正があり、経過措置として現在は7歳半~8歳を除き3歳~19歳の方が対象になっています。)
B型肝炎ワクチン 生後2か月に至ったときから生後9か月に至るまで
子宮頸がん予防ワクチン ※現在、国の方針により積極的な接種の呼びかけをしていません。
13歳(中学1年生)から16歳(高校1年生相当の年齢)の女性
二種類のワクチンからどちらか一方を選択します。
【接種時期】(1年以内に3回の接種を終了することが望ましい)
① サーバリックス(2価ワクチン)
② ガーダシル(4価ワクチン)
 

この情報に関する
お問い合わせ先

健康福祉課 健康推進グループ

電話:0145-25-2425

メールでのお問い合わせはこちら