養育医療費助成(該当する赤ちゃんの保護者のみ)

 医師から「生きる力が弱く入院が必要」と診断されたお子さんの医療費を助成します。

 
対象者
医師から養育医療の診断を受けた赤ちゃん
 
事業内容
医師が指定する入院期間に受けた治療費(保険診療の自己負担分)を助成します。治療費の助成を受けるためには、あらかじめ町に申請して養育医療券の発行を受けて病院へ提示します。ただし、所得状況に応じて自己負担が生じますが、安平町子ども医療費(またはひとり親家庭等医療費)の助成を受けている方は、自己負担分を町の助成制度から負担します。(食事療養費等の保険診療以外の分は自己負担として残ります。)
 
申請方法
1か月健診終了後、次のものを持って町に申請してください。
[必要なもの]
  • 養育医療意見書(医師が記入するもので用紙は役場にもあります)
  • 母子健康手帳
  • 印鑑
  • 助成金の振込先がわかるもの
  • 転入者の場合は所得証明書
出産前に転出するときは、転出の際に町へ申請してください。なお、郵送での申請も受け付けますので、詳細は下記問合せ先へご連絡ください。
 
申請窓口
(追分庁舎)健康福祉課 健康推進グループ
(早来庁舎)住民生活課 住民サービスグループ
妊娠・出産14
 

この情報に関する
お問い合わせ先

健康福祉課 健康推進グループ

電話:0145-25-2425

メールでのお問い合わせはこちら