特定不妊治療費助成事業

 「赤ちゃんを授かりたいけれど、なかなか授からない。」
 こんなとき、不妊治療や不育症治療をして赤ちゃんを授かる努力をするご夫婦への経済的な負担を安平町が支援します。この制度は、不妊治療を行っても授からなかったとき、次の段階として行う特定不妊治療にかかる治療費や習慣的に流産を繰り返してしまう方の不育症治療にかかる治療費を北海道の助成を受けた後に残った自己負担額に上乗せして町が独自に助成するものです。(特定不妊治療や一部の不育症治療は保険が適用されないので一般的に高額な費用がかかります。)

 
対象者①(特定不妊治療)
法律上の婚姻をしていて妻の年齢が42歳までの夫婦
→ 安平町の前に北海道(苫小牧保健所)への申請を行っている方
→ 治療する医療機関は北海道が指定する産科医療機関に限定されます。
→ 対象の医療機関は北海道 結婚・妊娠・出産・育児総合ポータルサイト「ハグクム」に対象医療機関の一覧表があります。(「北海道 ハグクム 不妊」で検索)
妊娠望む1
 
対象者②(不育症治療)
法律上の婚姻をしている夫婦
→ 安平町の前に北海道(苫小牧保健所)への申請を行っている方
→ 助成の対象となる検査・治療は次のとおりです。

(1)不育症の因子を特定するための検査
 子宮形態検査・染色体検査・内分泌検査・抗リン脂質抗体検査・凝固因子検査

(2)検査結果に基づく治療
 手術療法・着床前診断・抗甲状腺薬・甲状腺ホルモン剤・インスリン・低用量アスピリン療法・ヘパリン療法・カウンセリング

→ 治療する医療機関は産科または婦人科を標榜する国内の医療機関に限定されます。
 
事業内容
(1) 助成対象
 妻の年齢が39歳まで    ・・・ 子ども1人につき6回まで
 妻の年齢が40~42歳まで  ・・・ 子ども1人につき3回まで
(注1)6回の治療の後、次の子の不妊治療に挑戦するときの回数は1回からに戻ります。
(注2)不育症治療については年齢による回数制限はありません。
 
(2) 助成額
 治療費から北海道の助成を受けた後の残額に対し、町が独自に次の額を助成します。
 
【特定不妊治療費 助成額一覧】
特定不妊治療費 男性不妊治療費 不育症治療費 備 考
北海道助成上限 1回目のみ 300,000円 150,000円 100,000円 所得制限あり
2回~6回目 150,000円
安平町助成上限 一律 300,000円 100,000円 200,000円 所得制限なし
北海道の助成制度には所得制限が設けられていますが、安平町の制度には所得制限はありませんので、道の助成が受けられなかった場合も役場へ申請してください。
 
申請方法
北海道の助成決定通知を受けてから、役場へ申請します。
[申請に必要なもの] 印鑑と振込先口座がわかるもの
 
申請窓口
(追分庁舎)健康福祉課 健康推進グループ
(早来庁舎)住民生活課 住民サービスグループ
 

この情報に関する
お問い合わせ先

健康福祉課 健康推進グループ

電話:0145-25-2425

メールでのお問い合わせはこちら