安平町の紹介

安平町としてのスタート

 安平町は、昭和27年に追分町・早来町の前身であります安平村から分村して以来、早来地区は木炭生産全道一の実績や日本で初めてチーズの生産に取り組むなど酪農史に大きな足跡をのこしました。一方、追分地区は鉄道関係者が多く暮らす鉄道の要衝として発展しつつ、お互いの独自の文化や風土の中それぞれ歴史を積み重ね53年という歳月を重ね平成18年「安平町」として一つになりスタートしています。

安平町

豊かな人材と、住みやすい環境

 安平町は緑豊かな森林と清流安平川が流れる安らぎと潤いある丘陵地帯。恵まれた自然の恩恵を受け豊かな人材が生活する私たちの町は、将来更に発展し続ける大変夢と希望あるまちであります。
 気候は年間を通じて晴天の日が多く、北海道の中でも雪の少ない比較的温暖な気候でもあり、地震や台風などと言った自然災害の影響も過去を遡っても非常に少なく大変住みやすい環境にあります。

陸海空の好立地に恵まれた場所

 安平町内にはJR石勝線と室蘭本線、高速道路が通り、交通アクセスの良さでは北海道内でも屈指の土地柄です。北海道の南西部に位置し、札幌市からおよそ50km。千歳市(新千歳空港)、苫小牧(苫小牧港)に隣接し、新千歳空港まで約20分という陸海空の好立地に恵まれた場所にあり、首都圏や関西圏へのアクセスも便利でラクラク。

「まち」、「人」、「産業」を元気に

 これからも更なる町の飛躍と発展、地域の特色を最大限に生かしながら「くらしの笑顔が広がる ぬくもりと活力と躍動のまち」を基本テーマに揚げ、恵まれた自然環境や立地条件などを活かしながら、地域が活性化するための地域を構成する3大要素であります「まち」、「人」、「産業」が、それぞれを元気にする町づくりを目指していきます。

概要

人口・世帯数(9月末日現在)

人口

  • 8,067

世帯数

  • 4,219

生活環境

住宅

  • 公営住宅: 592戸(443戸入居)
  • 特定公共賃貸住宅: 73戸(世帯向け住宅23戸、単身者住宅50戸)
  • 町営住宅: 19戸(世帯向け7戸、単身者住12戸)
  • 町営分譲地: ラ・ラ・タウン・おいわけ、町営若草団地、アイリスタウン

教育

  • 認定こども園: 2園
  • 小学校: 公立4校
  • 中学校: 公立2校
  • 高等学校: 公立1校

文化、体育施設

  • 追分公民館、早来町民センター、町営球場(柏が丘球場、ときわ球場)
  • せいこドーム(プール、スケートリンク)

医療

  • 病院: 1カ所
  • 診療所: 2カ所
  • 歯科診療所: 4カ所

観光

レジャー施設

  • ゴルフ場: 5カ所
  • パークゴルフ場: 7カ所
  • スキー場: 1カ所
  • キャンプ場: 鹿公園・ときわキャンプ場

特産品

  • アサヒメロン
  • カマンベールチーズ
  • はやきた雪だるま
  • はやきた和牛